スポンサーリンク
ZUTTO
スポンサーリンク
ZUTTO

【服選びのコツ】全部好きな服で着回しも叶える4つのポイント

おしゃれについて思うこと
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、ひとえです。

少ない服で着まわす=おしゃれ、というイメージがすっかり定着した今日この頃。。

わたしも出来るだけ服を減らしたいと思っている一人です。

でも「少ない服で着回し」にとらわれ過ぎると、どうしても色々制約が出来てたいして好きでもない服を選んでしまいかねない、ということに気が付きました。

 

わたしにとって大事なのは、その服を着て

「うきうきする」とか、

「自分に自信が持てる」とか、

「一日が心地よく過ごせる」とか、

要するにその服と一緒に過ごす時間が好き!と思えるかどうかです。

 

ただし、やみくもに「好き」だけで選んでしまうと、単体では好きなんだけど上手くコーディネイト出来なくて、出番なしということにも。

それが一番悲しい。。。

わたしはいつも同じ服でもOK派ですけど、その日の予定や気分によって変えたい時もあるから、好きな服同士を上手く着まわし出来るようなワードローブを目指しています。

今回は、わたしの今までの失敗の数々を活かしてたどり着いた「着回し」と「好き」を両立できる服選びのコツをまとめてみました。

好きな服同士で着回しするためのコツ
  1. マイカラーを決めておく
  2. 柄物はトップスorボトムスどちらかに決める
  3. 着回しを意識するのは、靴・バッグ・アウター

①マイカラーを決める

これ、着回しできる服選びには一番大事だと思ってます。

自分に似合う色、好きな色、好きな色の組み合わせを考えて、決めます。

メインカラー2,3色。サブカラー2,3色。

合わせて4~6色くらい選んでおくといいかな。

ひとえ
ひとえ

マイカラーは、メイン→グレー・白・カーキ。サブ→ベージュ・ブルー・黒です。

その中でも、トップス用カラーはこの色、ボトムス用カラーはこの色、とある程度決めると、手持ち服同士が合わせやすくなります。

決めるポイントは、

  • 顔映りの良さ(トップスカラー)
  • マイカラー同士の組み合わせが自分好みか?

色って不思議だなぁ、って思うんです。

ひとえ
ひとえ

組み合わせ次第で、素敵になったり、反対にどうもあか抜けなかったり。

色選びについては、また詳しく書きたい!

合わせやすさを重視する場合や、色合わせが苦手だと感じているなら、マイカラーの内の2,3色は『白・グレー・黒』の無彩色を入れると合わせやすいです。

わたしはカラフル過ぎると疲れてしまうので、この3色を愛用しています。

②柄物はトップスorボトムス?

柄物はトップスで取り入れるか、ボトムスか?決めておくと合わせやすくて着回ししやすいです。

わたしはパンツ派なので、ボトムスで柄物ってあまりなくて、ストライプくらいかな。

だからさほど意識しませんが、スカート派の人は、花柄とかドットとか色々柄物があると思います。

 

トップスは、ボーダーを始め、柄物アイテムも多いですよね。

手持ち服の中で上下どちらも柄物が多かったら。。

合わせにくい=着回しにくい!

スカート派なら特に、柄は上下どちらで取り入れるのか?決めておくと着回ししやすくなるはず。

③着回しを意識するアイテムは、靴・バッグ・アウター

ニットやパンツに比べて数多く持たないアイテムである、靴・バッグ・アウターこそ、手持ちの服どれにでも合わせられるか?を重視

収納がかさばるし、出来たらいいものを長く愛用したいこれらのアイテムは慎重に選びます。

「服は決まったけど、合わせる靴が~バッグが~ない!」となりがちですよね。。

マイカラーを決めておくと、こういう大物も選びやすくなります。

明るい色の靴は意外と合わせやすい

わたしは、足元に軽い色(白やシルバーなど)を合わせるのが好きで、特にスニーカーばかり履いているここ数年はコンバースの紐なしで履けるタイプを愛用中。

カジュアル派にはすごくおすすめの使えるスニーカーです↓

つま先がスッキリしているのと、紐なしなので、大人がきれいめに履くのにぴったり!

靴って黒が無難と思われがちですが、明るめの色の靴は思いのほか合わせやすいのです。

ひとえ
ひとえ

靴の販売員をしていた頃は、よくお客様にお勧めてしていました♪

レザーだと汚れが気になるから白靴を買うのは勇気が要るけれど、スニーカーだと取り入れやすいですよ。

↑のコンバースは、元々黒のラインやロゴが入っているから、真っ白のものより汚れが気になりにくいです。

アウターは、デザインに気をつける

コートはもちろん、カーディガンなどの羽織りもので意外と見落としがちなのが、袖のデザイン。

例えば、ざっくりとした厚手のニットやわきの下がぴったりしていない長袖(ドルマンスリーブとかね)が好きでたくさん持っている場合。

袖周りがピッタリしたアウターは羽織にくくて、腕のところがごわごわ。。

見た目も着心地もイマイチになってしまうので、手持ちアイテムの上に羽織りやすいラインか?気にして選ぶのは大事です。

それでも着回ししにくい服を買いたいときは?

着回しできるか?にとらわれ過ぎると、どうしても個性の強い服は買いにくくなります。

最初にも書きましたが、わたしにとって一番大事なのは着回ししやすさじゃなくて、その服を着たいか?着て嬉しいか?

だから「この服、めちゃくちゃ好き!」と思えるものに出会ったら、着回ししにくくても買ってOKにしています。

ただしその時は、その服を着る季節とシチュエーションを想定して、小物含む全身コーディネイトが出来るかを考えます。

せっかく買っても合わせるものがなくて出番ナシ…を経験してるからねー

1通りでもコーディネイトできれば、買う。

「着まわしにくい」というだけの理由で、せっかくのお気に入りとの出会いをふいにするのはもったいない!と思うんです。

お気に入りなら、ワンパターンで全然構わない!

全部好きな服で着回しも叶える服選びのコツ、まとめ

  1. マイカラーを決めておく
  2. 柄物はトップスorボトムスどちらかに決める
  3. 着回しを意識するのは、靴・バッグ・アウター
  4. 着回しにくくても大好きなら「買い」。ただし、その服を合わせるコーディネイトを考えてから。
ひとえ
ひとえ

いつも好きな服で、うきうきと毎日を過ごせますように♪

やっぱり『好き』が、買い物の時のキーワードだ!と思う出来事を、その後、記事にしました↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました